幸運のスポットライト

ハッピーに暮らす事をめざします

menu

info

セミの声が聞こえます。最近引っ越ししたんです。
知ってる人は知ってるはず。
リンクはご自由にどうぞ。

格安スマホを使わないのは日本人的理由では?

格安スマホが大きく宣伝され始めている今、実際に格安スマホを

使っている人間が増えたかどうかというとあまりそうは思えないのが

実状ではないでしょうか。

周囲に目を向けて耳を傾けてもどうも大手三社のスマホを使用しているという割合は高いように思えます。

スマホのひと月の使用料金に頭を抱える人も結構います。
にもかかわらず何故価格が安く抑えられる格安スマホが思ったより出回っていないのか気になるところです。

そもそも格安スマホそのものの存在を知らないという人も少なくないのではないでしょうか。
機械ものに弱いと言われる年配の人ならともかく、そうでない人でも格安スマホの話をするとやや眉をしかめる人はまだまだいます。

その原因は実に日本人らしい性質に理由があるように感じます。
安いものには安いなりの原因があるという考えがその要因の一つでしょう。

安いからといってすぐに飛びつく人間ばかりではない…ということであり疑い深い、もしくは慎重という事なのでしょう。

これは格安スマホの世間的評判が上がれば払拭できる可能性はあります。
端末をどこで購入すればいいのかわからないというケースもあるでしょう。

まだまだ格安スマホはインターネットでの取引がメインという部分があります。

対面での販売ではないという事に抵抗を覚える人も多いでしょう。

また、そもそもインターネットでの取引はわからないから手を出さない

というケースは年配の人に良くみられるケースです。
インターネットの格安スマホの情報を得るならここが詳しいです。

格安スマホ

大手三社からの呪縛が強すぎて他の格安スマホ事業参入の企業は

信用できないというような思い込みを持つ人も多いようです。

 

 

 

慎重、保守的といったイメージは悪い事ではないのかもしれませんが

格安スマホに関してはもう少し一般的に広まっても良い事のように思われますが

携帯電話の普及もそれなりに時間がかかったわけですから

日本人全体に普及というのにはかなり時間がかかると考えられます。

▲top
Copyright(C) 幸運のスポットライト All rights reserved.  designed by flower&clover